夫のDVからすくってくれたのは出会い系

夫はDVで、私もそれに慣れっこになっていたというか、全く無抵抗になってしまっていました。かえって自分が悪いのではと思ったりすることもありました。このDVは夫がリストラされてから、始まりました。このままじゃ私が壊れてしまうのではと思うこともあるほどでした。夫とは昔、ダイヤルQ2で知り合いました。いまの出会い系のようなものです。あまり男性経験がなかった私は、すぐに夫のことが好きになり、結婚しました。そういった出会いでも、幸せな時期も長かったんです。そういう幸せな時期があったから、離婚に踏み切れなかったのかもしれません。誰かに助けてもらいたい、誰かに縋りたいという気持ちになり、つい出会い系に登録しました。だれかとメールをするというのだけでも、楽しかったのです。「会おう」と言ってくれる人も数人いましたが、それは勇気がありませんでした。その中で「会いたいという気持ちになったらいつでも言って。待っているから。」と言ってくれた男性がいました。その人にはなにもかもお話ししたのですが、とても親身になってくれ、勇気づけてもくれました。夫はDVですが彼女欲しい私私の携帯を見るような人ではなかったのが幸いでした。この人とのメールのやり取りが、私を癒してくれました。
ある日、夫がひどく荒れて、私はとうとう真夜中に家を飛び出してしまいました。手にはしっかりとスマホを握りしめていました。すぐにその彼に連絡を入れると、彼はすぐに迎えに来てくれました。彼のアドバイスで、その日はもう家に帰らずにビジネスホテルに泊まらせてもらい、翌日DVの相談室に出向きました。それからはめまぐるしく環境が変わってゆきました。
もし出会い系での彼との出会いがなければ、私はまだDVに耐えていたかもしれません。なぜフラっと出会い系に登録したのかを思うと、運命としか考えられません。出会い系でこんな素敵な人と出会えるとは思っていませんでした。彼も離婚経験者ですから、私のこともとても理解してくれて、ずっと力になってくれました。彼のおかげで夫と別れることができ、改めて彼と結婚を前提に付き合っています。若くはないのですが、若い頃のようにときめいています。愛される喜びも感じています。近頃の出会い系は遊び目的ばかりかと思っていました、そう言うことでもないのですね。何よりも長い間、夫が働かないで私がパートで家計を支えるという生活が長かったので、「専業主婦でいいよ。いままで頑張ってきたからね。」といっていたわってくれているのが涙が出るほど嬉しいのです。

続きを読む